IKEAの3000円で作ったスタンディングデスクを1週間使ってみて感じた7つのこと

eyecatch1209

IKEAの3000円で作ったスタンディングデスクを1週間使ってみて感じた7つのこと

2015/03/30

どうも、sakkiです。
先日、IKEAで3000円でスタンディデスクを自作しました。

僕はスタンディングデスクを自作する前は、こんな疑問を抱いていました。
「確かに腰の痛みは消えそうだけど、長時間立ちっぱなしとか座るより疲れて本末転倒なんじゃない?」
実際どうなのでしょうか。
これを作ってみて1週間ほど経ったので、早速導入後の体験レビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク

腰の痛み?ナニソレ?

1hipache

一番気になるのはコレですよね。
さて、感想は・・・

腰の痛みって、ナンダッタッケ。

正直、今は自宅で腰の痛みを感じることは本当になくなりました
というか「腰が痛い」と意識することさえも忘れていました。
※職場は通常のデスクなので相変わらず腰が痛いですが

もうこれだけで、今回のスタンディングデスクは作って効果はあったと感じました。
腰の痛みとともにこの世を生きる皆さん、スタンディングデスクは、あなたを腰の痛みやそれに伴う頭痛などから解放してくれます。

▲Back to Top

集中力が上がり、アイドリング時間が減った

2concentrate

僕がスタンディングデスクに期待していたもう一つのポイントはコレ。

発想法のブレインストーミングの方法の一つに、立って行うことで、脳が活性化して集中力が増すというものがあります。
実際、立つことで、集中力は確実に増していると思います。
腰の痛みに思考を分断されることもないですし、PCの前に立つと、身体が作業モードに移行しやすいように感じます。

ここは個人差かもしれませんが、僕の場合は効能は十分なようです。

▲Back to Top

PC作業への入り・PC作業からの別作業が完全にシームレス

3afk

さて、使い始めてみた感触で、思わぬいいことがあったのが、これです。

ずっと立っているので、「立つ→座る」「座る→立つ」の動作がなくなります
何が変わるかというと、飲み物を取りに行ったり、少し休憩したくてデスクを離れたり、必要な情報がある書類を棚に取りに行ったり。
そういうことが、全くシームレスにできます。
思った瞬間にスっと動き出せるのは、想像以上に快適です。
動くのが億劫にならなくなります。

▲Back to Top

目線・首の角度とディスプレイの高さ調整をして首の疲れをなくす

4righthightofdisplay

スタンディングデスクで大事なのは、キーボードの高さだけではありません。
ディスプレイが低すぎると、常に下を向くので、首が疲れます
必ず、ディスプレイは、顔を正面に向けた状態の真正面にくる高さに設置しましょう。

sakkiはコレ↓を使って、2台ともディスプレイの高さを目線まで上げています。

▲Back to Top

猫背になることを忘れる

Photo credit Chika Foter CC BY

Photo credit Chika Foter CC BY

猫背じゃなくなります。
正しい姿勢の高さにキーボードの位置を固定しているので、猫背になるとむしろ打ちにくいんですね。
肘もよっかかれるとこはないので、姿勢は常にスラっと伸びます

※ちなみに腰痛を治そうとしている中で読んだ本でオススメ。
これは「正しい姿勢」と世の中で言われているものがいかに間違っていて、自然な姿勢・座り方・歩き方はなにかをわかりやすく説得力を持って書かれています。
腰痛持ちや猫背の人は必読の書。本屋で立ち読み(可能なら?)するだけでも非常に有用です。

▲Back to Top

足と肩は最初は疲れる(というか弱っていた)

6footache

確かに正しい肘の角度ですし肩に無駄な力は入っていないはずなんですが、人間の身体はやはり長時間同じ姿勢だと疲れが貯まるようです。
疲れた時は、たまには背伸びをしたり、肩を回したりして、リラックスすれば問題ないですが。

僕は足の下に低反発クッションを敷いています。
身体にフィットするというのでいいかと思って買ってみましたが、どうも土踏まずが凝り安い気がします。

スノコや、低反発のマット、ヨガマットや、健康重視の人は青竹踏みなんか入れてもいいかもしれません。
今度青竹踏み導入してみようかなぁ。
ちなみに、土踏まずが疲れた時にはこんな体操やマッサージがいいようです。

▲Back to Top

パームレスト・アームレストは必須

7palmrest

座っている時には、机の天板が、パーム・アームレストになってくれていました。
しかしこの自作スタンディングデスクの場合、レスト部分は通常のキーボードでは、無いです。

肘と手首が浮いているとタイピングの自由度は高いですが、ちょっと肩が疲れてきます。
スタンディングデスクにすると、今回のDIY版では、キーボードにそれがついていない場合は、アームレストを作る必要があります。
こういうのとか。

肘や手首の角度も自然なものにしてくれるので、人間工学のキーボードはオススメです。
パームレストもついてますし。

▲Back to Top

まとめ

以上、IKEAで自作スタンディングデスクを使い初めてから感じた、より快適にスタンディングデスクを使うためのポイントでした。
この他にもいい情報知ってるよ~という方がいらっしゃいましたら、コメントしていただけると喜びます^^
それでは、引き続きスタンディングデスクで生活してみて、またいつか長期間レビューをしてみたいと思います!

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

Hacks, デスク周辺家具・雑貨

シェア・ブログ購読お願いします!

関連記事

eyecatch992
iPhoneのバッテリーの減りが早い時に試してみるべきこと

どうも、sakkiです。 あなたのiPhone、バッテリー一日もちますか? バッ …

eyecatch1123
【DIY】IKEAで3000円でスタンディングデスクを作ってみた

どうも、sakkiです。 僕は中学の頃から腰の痛みに悩まされ続けています。 その …

eyecatch_880
【機種変更時注意】LINEのバックアップ・復元方法【iPhone編】

どうも、sakkiです。 さて、iPhoneから、新しいiPhoneに機種変更し …

eyecatch1047
iPhoneの音量の調節方法と、マナーモード・おやすみモードの正しい使い方

どうも、sakkiです。 iPhoneの音量調節、上手くいかなくて失敗すること、 …

eyecatch473
IFTTTでタスクを自動化させて快適なデジタルライフを!

どうも、sakkiです。 休日も寒くてお昼までしか外に出られない… さて、最近ど …

eyecatch341
Pinterestで好きな画像を好きなだけコレクションしよう!

みなさんはwebを見ていて、ふと気になった写真や画像があればどうしてますか? 保 …

eyecatch484
【Android】動作アニメーションを軽く倍速にする簡単な設定方法

どうもこんにちは、sakkiです。 皆さん、Androidの最新OS、Lolli …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA